エウロパの海、より。

「エウロパの海」の更新報告とか、活動報告とか、思考メモとか。

【テキスト】今年の読書ダイジェスト

今年読んだ本ベスト10とかやろうと思ったけど、ブクログとか見ても「そもそも今年読んだ本どれ」状態でした。
基本的に、「記録する」という習慣が徹底的に馴染まないっぽくて、ためしに読了日を入れたり手帳に書いてみたりしても、すぐに飽きるっていうか、そんなルールを自分で作ったことすら忘れてることがしばしば。そして、忘れてしまうことは、おおむね、忘れていいことなのだと思っていたりする。

なお、Twitterで「○○読み終わった!」とか呟いてるのは、「この感動を新鮮なうちにアウトプットしとかないとな」という心意気であり、「後になって、いつ読んだか分かるように」などという意図はゼロです。

言い訳をしておくと、読書に関するものを含め、アウトプットはすべて「現在」なのだと思っていたりします。そして、あとから必要になる情報というのもまた、その本から何を拾い上げたかという、「そのときの"現在"」であり、それがいつの時点でどうしたという「過去」を、必要としていないということじゃないか、と。

以上、自己分析。
ちなみに、こないだ読んだ「アルクトゥールスへの旅」にこんな言葉がありました。
「そもそも自分を見つめようとする人間は劣悪だ」と。
まあそういうものかもしれません。よくわかんないな。

 

以下、時系列に沿って振り返る今年の読書ダイジェスト。

 

◆「燃えよ剣」司馬 遼太郎

www.amazon.co.jp

刀剣乱舞とかはじめスルーしてたんですけど。私は音ゲー艦これで忙しいから。刀剣擬人化とか意味分かんないから。そして審神者に着任したのはサービス開始の2日後でした。
この本から始まって、新選組血風録壬生義士伝などの新選組小説をものすごい勢いで再読した第1四半期。加州くん可愛い。

 

 ◆「炎立つ」高橋 克彦

www.amazon.co.jp

唐突の「前九年の役萌え」に襲われて幕を開けた第2四半期。奥州が熱い。

 

◆「器官切除」マイケル・ブラムライン

www.amazon.co.jp

何度かTwitterでは紹介しつつも、「これ紹介してどうすんだ」と本人は思っていたりする1冊。
表題作は淡々と生きた人間を解体していくだけの話ですが、この人の文章はひたすらグロい内容だけど非常に客観的で、善悪も好悪も入り込む余地がない。にもかかわらず、グロテスクとか悪趣味とか評されていることについて、何かしら面白みを感じてしまう。

 

◆「すばらしい新世界」オルダス・ハクスリー

www.amazon.co.jp

結末が最高だと思ってる1冊。たまらない。こういう結末でなければ、と、のたうち回りながら大笑いしたくなるような。
映画『ハーモニー』でミァハが燃やしていた本のうちの1冊がこれですが、意外にも読んだのは今年でした。もっと前かと思っていた。この本と前後して、「1984年」とかも読んでいるっぽくて、何かしらそういう気分だったのかもしれない。行くぜディストピア!みたいな。行くな。


◆「関ヶ原」司馬 遼太郎

www.amazon.co.jp

大関ケ原展」でやたらテンション上がってしまい、「私も関ケ原の戦いに参加したかった…」などとわりと本気でほざいていました。できれば大谷さん陣営がいいです。大谷さん萌えが止まらない。基本的に伊達政宗公至上の人間ですが、西軍萌えに目覚めた瞬間でした。そういえば宇喜多さん萌えもここから始まった。あの人、西軍なのに、参加武将の中で一番最後まで生きてるからな…?試合に負けて勝負で勝ってる感はんぱない。萌える。

 

◆「生命にとって水とは何か―水の不思議な力を解き明かす 」中村 運

www.amazon.co.jp

「アンソロジー水」という、水をテーマにした小説・イラストの創作企画に参加させていただきました。企画に寄稿するにあたって、ふと手に取ったのがこの本でした。水と生命の関わり方に、新しい視点を与えてくれた1冊。

 

◆「シャーロック・ホームズシリーズ」アーサー・コナン・ドイル 

www.amazon.co.jp

中学以来10年以上ぶりに再読。やたらと面白かったのですが、いかんせんきっかけが『屍者の帝国』なので、どこ開いても「ワトソン博士可愛い」しか出てきませんでした。どうしてくれるんだ許さない。
しかし中学時代に古本屋で買った本が、未だに手元にあることに感動するしか。よくまあ、こんな本の扱い酷いやつのとこにいてくれるなあ、と。

 

◆「エピローグ」円城 塔

www.amazon.co.jp

メタ視点の入った小説というのはあるにはあるだろうけれど、小説のメタ視点というか、ええと、何だこれ。SF? SFとしか言えないけど、SF的にはそれでいいの? 小説、というものを、さくっとひっくり返されたような感じ。これやられたらもうあとどうすりゃいいの感があるんですけど、ほんとにどうしてくれるんですか。

 

◆「ヒトはなぜヒトを食べたか」マーヴィン ハリス 

www.amazon.co.jp

 こないだもこのBlogでちょっと紹介してたやつ。面白かった。

 

◆「アルクトゥールスへの旅」デイヴィッド・リンゼイ

www.amazon.co.jp

なんだこれ。観念SFって何。別の世界で別の価値観を体験し、根底にある世界の成り立ちみたいなものを知る的な。そう書くとSFなんだけど、やっぱりなんだこれ。リアリティのある文章なのに、最後に盛大に疑問符が押し寄せてきてそのまま終わる感じの、衝撃はあるけど現象として理解できない、みたいな本でした。

 

以上、適当に今年の10冊でした。まだ何かあったら次回に追加しているかもしれません。お疲れ様でした。年末に時間があったら、ダラダラ語りたい気もしつつ、ひとまずこんなかんじで。